Skip to content

眠りが浅くて疲れが取れない

最近眠りが浅くて疲れが取れないなと感じたので生活習慣を見直してみることにしました。睡眠薬やお酒に頼らず、寝付きをよくする方法があったら知りたいですよね? 今回は、眠りが浅い原因と対策についてご紹介します。
眠りが浅い原因はストレス!? 私は眠りが浅くなった原因としては、仕事による精神的なストレスが大きいと考えてい……
続きを読む → 眠りが浅い人は、朝スッキリ起きることができないだけでなく、日中眠気に襲われてしまいます。
そんな時にオススメしたいのが、コーヒーを飲むことです。
なぜコーヒーが良いのか、その理由を説明していきましょう。
朝の目覚めにはコーヒー!その効果とは 睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンがあり、この働きによって深い眠りにつくことができます。しかし、メラトニンの働きも加齢とともに低下し、特に女性の場合は更年期を迎えることによって、急激に低下すると言われています。その結果、夜にしっかり眠れないといった不眠症に悩まされる方も多くいます。
コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるとされ、メラトニンの活動を抑えてくれます。そのため、夜しっかりと眠ることができるようになり、朝スッキリ起きられるようになるのです。
また、自律神経を整えてくれる作用もあり、体内時計をリセットして体調を整えることもできますよ。
ただし、飲み過ぎてしまうと胃痛を引き起こす可能性があるため注意が必要です。適量を守って飲むようにしましょう。
就寝前に飲んだ方が効果的な理由 コーヒーを飲むタイミングとしては、食後に飲んでしまうと消化不良を引き起こしてしまうため避けた方が良いでしょう。逆に、朝食の前に飲むとお腹の中で膨らんで満腹感を得られることから食欲を抑える効果が期待できます。

睡眠に入る1時間前から2時間以内に飲むことが効果的だとされています。それは、夜間に分泌されたメラトニンの量が多い時間帯に合わせる必要があるからです。睡眠前であれば、すぐにメラトニンの量が下がるということがないため、翌朝までメラトニンの効果が続くことになります。

レムウェル 口コミ・お試し