Skip to content

昔の国産エレキギター高騰、愛好家が競い合い購入…「職人魂」が生んだ本家に迫る商品!?

  • by

数十年前に製造された日本製のエレキギターが人気を集めている。ジャパンビンテージ」とも呼ばれ、米国の老舗メーカーのコピーモデルが中心で、愛好家が競って買い求めている。なぜ、古い日本製のエレキギターが売れているのだろうか。楽器の街、御茶ノ水を訪ねた。(大原敬二)
図解解説。イチロー選手、大谷翔平選手の木へのこだわり
定価の2倍以上
1970~80年代の日本製エレキギターの人気が高まっている、東京・下倉セカンドハンズの店内。
 日本製ヴィンテージギターの人気には驚かされる。まだまだ値段は上がると思います」。東京都千代田区御茶ノ水の中古ギター専門店「シモクラセカンドハンズ」の店員(41歳)は「まだまだ値段は上がると思います」と興奮気味に話す。
 人気の背景には、1970年代から80年代にかけて、米国の老舗ギターメーカーであるフェンダーやギブソンのギターをコピーした製品が日本企業から発売されたことがある。ギターをコピーした製品などである。
 当店が昨年入荷した東海楽器製作所(浜松市)のコピーギターは、1980年代前半の販売当時、定価5万円だったものが、1万円程度で販売された。万円程度で販売されていた。今年7月末に販売された。
 周辺の他のギター店も同じような状況であり、海外のお客様からの問い合わせも多いそうです。
ディテールへのこだわり
 このギターの人気の秘密は、素材の良さと日本の職人技にあるようだ。
 音楽出版社シンコーミュージック・エンタテイメント(東京都千代田区)でギター関連書籍を編集する平井武志さん(52)によると、この時期に製造された製品は、今では貴重な高級木材を使用しているという。この時代に製造された製品は、現在では貴重な高級木材を使用しているという。
 また、当時の日本メーカーの職人たちは、接合部の細部や金属部品の精度にこだわり、価格以上に品質の高い製品が多く作られた。日本の「ものづくり精神」が、本家本元に近いギターを生み出していたのである。
 しかし、アメリカのメーカーが日本のメーカーを相手に「商売の利益を侵害された」と訴訟を起こし、コピー製品の製造は次第に減少していった。
 日本では、昔から「値段の割に質がいい」という声があったが、コロナ社の震災で室内で楽しめるギターが注目され、海外バイヤーが日本製の古いエレキギターに目をつけ始めた。