Skip to content

インドのYouTube村を取材!なぜ彼らはYouTubeをするのか?

  • by

インドにある村が注目されている。
人口の3分の1がユーチューバーという村である。
人の足を踏んでしまった人が、足首に巻かれた腕時計を見ながら、なぜか歩いている。牛が引く車にラップを巻いている。
青空の下で写真を撮る人たち。ここはインド中部の小さな村、トゥルシー村。
この村の人口は約3,000人。そのうち、1,000人が何らかの形でYouTubeに携わっている。
なぜ、こんなことが起きているのか。
きっかけは、この村の住人であるギャーネンドラとジャイの2人が、5年ほど前にインターネットで動画を見て、それを真似たことだった。
2人はもともと銀行員で教師だった。ジャイさんの教師としての月給は日本円で約2万7000円だったが、YouTubeからの広告収入は月約7万2000円と、給料をはるかに超えていた。
そこで彼は、仕事を辞めてYou Tuberになることを決意した。
その頃、世界では新型コロナウイルスが猛威を振るい、インドでは多くの人が職を失っていた。
村中の人々が、YouTubeでの動画配信という新しい儲かる仕事を見つけるチャンスに飛びついたのです。
現在では、住民の3分の1が動画配信に携わり、村はYouTube村と化している。
村で最も人気があるのは、YouTubeのチャンネル。お笑いやハウツーなどさまざまなジャンルの動画があるが、最も閲覧されている動画(28万回)は「はじめてのおつかい」。
女性が男性に「野菜を買ってきて」と頼みます。男は移動を繰り返し、逃げようとするが、女は男の移動先を突き止め、再び野菜を買ってくるように頼む。
そんなストーリーが何度も繰り返される不思議な映像です。
日本では、日本国民全員が一つのアカウントを作り、お互いにフォローし合い、自分の動画の視聴回数に応じて収入を得られるようにしたらいいと思います。
毎週、広告付きの短くてシンプルな動画を数本アップロードする。
アップロードされた動画はマイナンバーと一緒に次の人のチャンネル(コロナワクチンのようにチャンネル名のみDMで通知、個人情報はなし)に送られ、毎週何回フォローし再生するかを決めるだけでGoogleから収入を得られ、自分の懐が潤う。
そんな設定は可能なのでしょうか?
色々考える今日この頃です。