Skip to content

【MLB】大谷翔平のエ軍残留報道に米で賛否両論「牢獄に囚われまま」!?

  • by

プレーオフ進出を見たかった」という声も…。
エンゼルス・大谷翔平選手(写真:ロイター)
 エンゼルスは8月2日の期限までに大谷翔平をトレードで放出せず、チームに残留する見通しだ。ニューヨーク・ポスト紙によると、ヤンキースは他の数球団とともにトレードでの獲得に乗り出したが、エンゼルスは放出するつもりはなく、すでに他の選手の獲得に切り替えているという。
大谷翔平、「誰も彼と気づかないだろう」ラフな格好で束の間のオフを満喫。
 地元紙『Orange County Register』のジェフ・フレッチャーも自身のTwitterで「エンゼルスが大谷翔平をトレードしないことを関係者が確認した(そもそもトレードする可能性はほとんどなかった)」と速報している。大谷がエンゼルスに残る可能性は限りなく高くなったが、ファンの間ではこの動きに批判的な声が上がった。
 フレッチャーのツイートにファンが反応した。エンゼルスは現在、ア・リーグ西地区で43勝59敗の4位、借金16試合で、プレーオフ進出は厳しい状況だ。低迷し、思い切った動きができない状況にもかかわらず、次のようなコメントが寄せられている。彼ら(エンゼルス)はあと4年はダメだろう」「エンゼルスは本気で勝つ気がない」「チームを売れ、アート(モレノ・オーナー)」「2023年以降に退団してほしい」。このチームは最低で、勝つためのチームを作る気がない」と悲観的な意見が多かった。
 また、優勝するチームでプレーすることを望んでいた大谷に同情する声もあった。ある選手は、「本当に大谷がかわいそうだ。なんて残念なんだ。彼がプレーオフに進出するところを見たかった。ため息が出るよ。” “アートの間違った判断、翔平にとって悪い結果。 彼は再契約しないし、退団だ!」。”大谷がかわいそう、この牢獄から出られない “という反応もあった。
 一方で、「こうなる可能性が高いとは思っていたが、エンゼルスの番記者が認めてくれてとても嬉しい」「エンゼルスの珍しい勝利だ」「良い情報をありがとう。翔平がストレスから解放され、また元気になることを願っています。” “これは正しい判断だ。彼は野球を超えたアスリートだ。大谷選手の去就は、トレード市場でも注目されていた。残留の報道には賛否両論があった。